代表略歴

代表略歴

小口 一策(おぐち いっさく)

略歴

昭和48年3月 慶應義塾大学工学部管理工学科卒業
昭和48年4月 長野県庁入庁
中小企業総合指導所他に所属し、設備近代化診断、商店街診断、工場診断等を担当
昭和56年4月 山梨県内の中堅卸売業に入社
採用・人材育成、新規開拓営業、購買等を担当後、
専務取締役として、事業戦略立案等経営統括
平成25年1月 同社退職、中小企業診断士事務所開設

保有資格

昭和49年 中小企業診断士(鉱工業部門)登録

中小企業診断士としての活動実績

企業診断支援等

■ 戦略診断、経営革新支援、経営計画支援、人事制度構築等人事管理支援、
キャッシュフロー・原価管理支援、6次産業化支援等
■ 商工会経営指導員に対する企業診断支援のOJT研修 他

セミナー・講演(最近5年間実績)

■ 事業承継 5回 「事例に学ぶ事業承継」「長寿企業と事業承継」他
■ 経営革新 3回 「経営革新の必要性と計画作成」「革新事例」他
■ 資金収支 2回 「事例に学ぶ資金を生み出す経営」他
■ 消費税対策 3回 「消費税up このままでは資金は回らない」他
■ 創業塾 1回 創業の精神、事例、創業計画作成等5日間シリーズ
■ 6次産業化 1回 6次産業化を基本から学ぶ 4日間シリーズ

調査研究事業

■ 経営革新のフォローアップ (担当)事例と支援策の提案
■ 事業承継の実情と支援策 (担当)支援策の提案と総括
■ 6次産業化への取り組み (担当)企業の農業進出
■ 富士山世界遺産登録と地域活性化 (担当)登録効果の予測と観光戦略骨子

役職等

山梨県商工会連合会
モデル工場専門審査委員(平成7年度~現在)
■ 6次産業化プランナー (平成24年度)
■ 山梨県産業関係審査委員、助成金審査委員
■ 山梨県再生支援協議会委員 (平成24年度)
山梨県中小企業診断士協会会長 (平成25年度~現在)
■ 経済産業省認定 経営革新等支援機関 (平成25年12月認定)

PR

■ 企業実務での成功・失敗の経験を踏まえた実践的なコンサルティング。
■ 経営感覚と診断士視点を融合しての企業診断・支援。
■ 所属していた卸売業、その得意先の各種製造業、建設業等幅広い業界の実情を
理解した上での判断・提案。

(平成25年12月30日現在)